大変

なんかこう、楽しくなくなった。
姫路に行くなんて冗談じゃねえし。
内職のお金もすぐに消えていくのです。
はああ。
たくさん努力しても、こうやって消えていくのねえ。
しかたがないけどもねえ。
妻は全然協力してくれないし。
はあ。
妻の悪口というか、愚痴が出始めたたら、これは、危険信号なおよ、
そうねえ。

今日は野菜の移動販売の日です。
今日くらいが俺のささやかな楽しみなんです。
そうなおよ。
だいたい2000円もあれば、すごい買い物ができちゃうのです。
たとえば、大根1本50円。とか。
柿、1個50円とか。
今日は自分へのご褒美に、栗買おうとおもいます。
栗くらいいいじゃん。
俺は俺への楽しみをねえ。
ちょっと内職休みます。
休むたって、今日明日くらいだけどね。
ちょっと休憩が必要よ。
ぐうたらしなきゃ。
そうそう。
ぐうたら大事。
そうなのよ。
義姉に、お金はもう仕えません。
これははっきり妻に言っておかないと無理ねえ。
姫路にはいけないし、やっぱり。